東京サルサムーブのブログ

2016/04/15

 

 

 目次 

  1. 全体として

  2. 男性のダンスレッスン時の服装

  3. 男性のパーティー時の服装

  4. 全般的に女性の服装で気を付けるべきこと

  5. 女性のダンスレッスン時の服装

  6. 女性のパーティー時の服装

 

1.全体として

 

 

サルサダンスはどのような服装で踊らなくてはならないという決まりはありません。

カジュアルにジーンズとTシャツでもいいし、背中の空いたドレスでも構いません。

 

ただ、社交ダンスなどにくらべて、圧倒的にカジュアルです。

お教室主宰のダンスパーティーの時に何万円~何十万円もするドレスを着ることはほぼありません。

 

あなたがサルサダンスのショーやパフォーマンスチームに入って踊るようになり、衣装を作るとなるとそれくらいお金をかけるようになるかも知れません。(先生やリーダーによりますので)

でも、気軽なパーティーでの素人のパフォーマンスなら、1万円~3万円以下で、既製品の服でそろえることが多いです。

 

逆に正式なドレスアップして行くことの方が少ないダンスです。(燕尾服とかは普通着ません(笑))

 

もちろん、みなさんオシャレな方が多いですが、カジュアル路線のオシャレで、それぞれ、個性をだしてらっしゃいます。

 

サルサダンスを始めるときには、特別な服装を用意する必要はありません。

お手持ちの服で十分です。

 

下記にいろんなシュチュエーションでの服装を取り上げていますが、あくまでもケースバイケースです。お教室でのレッスンの場合講師の先生によってプログラム内容の運動強度が違いますので、事前にお問い合わせなさると安心です。

 

TPOとパートナーへの配慮をして、服装を考えましょう。

 

 

2.男性のダンスレッスン時の服装

 

 

 

 平日は会社帰りにワイシャツ姿のまま踊る男性も多いです。

Tシャツなど持参して着替えてから参加される方も割といらっしゃいます。

 

スタジオでのレッスンですと、全身着替えて踊りやすい恰好になる方もいますが、

サルサクラブなどですと、着替える場所もありませんので、全身着替える方は少ないです。

 

ただ、サルサは組んで踊るダンスなので、相手に不快感を与えないよう清潔な服装にしましょう。それと、踊りずらい格好はしないほうがお互いにストレスがなくていいです。

 

また、汗をかく時期は...

2016/04/10

 

 

 

 

今日本で踊られているサルサダンスの種類は


■on1スタイル・・・

 

カウント1で男性はベーシックステップの左足を前に踏み込みます。(女性は右足を後退)アクティブ・パワフルな印象。(日本ではLAスタイルとも言う)

 


■on2スタイル・・・

カウント2でベーシックステップの左足を前に踏み込みます。エレガントな印象。
         (日本ではNYスタイルとも言う)
      
■キューバンスタイル・・

カウント的にはon1。テンションや姿勢が違う。ターンは少なめ。アフロ的。

 


■カリサルサ・・・

ステップを上記のスタイルの2倍の数足を踏む。速い、アクロバティックな印象。

 

 

サルサには世界共通の教則本はありません。世界の地域で独特な踊り方が発達し、それを習ったインストラクターが日本のそれぞれの地域でそのスタイルを広めました。時代によっても、どのスタイルが注目を浴びるかが変わってきています。

 

 

クラブでは様々なスタイルの人が集まって踊りますが、サルサの原則は同じですので、経験の長い人は複数のスタイルを混ぜたり、相手に合わせて踊ったりしています。

 

 

その他、サルサクラブやパーティーでは、サルサ以外にメレンゲ・バチャータというダンスもよく踊られています。

 

 

 


 

Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
アーカイブ