サルサダンスの種類

10/04/2016

 

 

 

 

 

今日本で踊られているサルサダンスの種類は


■on1スタイル・・・

 

カウント1で男性はベーシックステップの左足を前に踏み込みます。(女性は右足を後退)アクティブ・パワフルな印象。(日本ではLAスタイルとも言う)

 


■on2スタイル・・・

カウント2でベーシックステップの左足を前に踏み込みます。エレガントな印象。
         (日本ではNYスタイルとも言う)
      
■キューバンスタイル・・

カウント的にはon1。テンションや姿勢が違う。ターンは少なめ。アフロ的。

 


■カリサルサ・・・

ステップを上記のスタイルの2倍の数足を踏む。速い、アクロバティックな印象。

 

 

サルサには世界共通の教則本はありません。世界の地域で独特な踊り方が発達し、それを習ったインストラクターが日本のそれぞれの地域でそのスタイルを広めました。時代によっても、どのスタイルが注目を浴びるかが変わってきています。

 

 

クラブでは様々なスタイルの人が集まって踊りますが、サルサの原則は同じですので、経験の長い人は複数のスタイルを混ぜたり、相手に合わせて踊ったりしています。

 

 

その他、サルサクラブやパーティーでは、サルサ以外にメレンゲ・バチャータというダンスもよく踊られています。

 

 

 


 

Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

Copyright © 2019 Tokyo Salsa Move All Right Reserved.